毛穴ケアのプロが教えるいちご鼻を解消するブツブツ角栓解消法 | 毛穴イチバン

フリーライター募集
  •  > 
  •  > 
  • 毛穴ケアのプロが教えるいちご鼻を解消するブツブツ角栓解消法
450 views
毛穴ケアのプロが教えるいちご鼻を解消するブツブツ角栓解消法

毛穴が目立つ鼻は、まるでイチゴのようにぶつぶつしていてきれいとは言えないものです。毛穴が黒ずんでくると、ぶつぶつした鼻は一層目立ってしまい化粧でもカバーしきれなくなってしまいます。毛穴が目立ついちご鼻を解消するためにはどのようにすればいいのでしょうか?

都内在住のフリーライター。犬猫と仲良く暮らしてます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ブツブツでみっともないいちご鼻を解消する

開いた毛穴が一番目立つ場所はどこか、となるとそれはやはり顔でしょう。「人と話す時は目を見て話せ」というように、目の視線を集中させるのでどうしても相手の顔に意識を集中させてしまいがちです。

その為、顔の毛穴が開いていたり黒ずんでいたりすると話し相手には一目瞭然で、「ちゃんと顔洗ってるのか」とか「化粧が下手だなぁ」と思われてしまうものなのです。

そして、相手の目を見るということは相手の鼻のあたりに焦点を置くということになるので、もっとも顔の毛穴が目立つのは鼻ということになります。毛穴が開いて角栓がつまったいちご鼻は、見る人にあまり良い印象を与えません。どうすればいちご鼻を解消できるのでしょうか?

イチゴのようだけど全然可愛くないいちご鼻

果物としてのイチゴにはかわいらしいイメージがあるものですが、実際のイチゴは果実の表面にプツプツした緑色の種が幾つも付いていて、グロテスクさを併せ持っていることに気が付くはずです。イチゴのようにブツブツした毛穴が目立つ鼻をいちご鼻と言います。

いちご鼻は、鼻の毛穴が開いている上に皮脂の固まりである角栓がみっちりと毛穴につまっていて、まるでイチゴの種のようになっているのが特徴です。しかもいちご鼻は毛穴が目立つせいか、鼻が大きく見えてしまい顔のバランスが崩れてしまうこともしばしばです。

毛穴の開き+角栓詰まり+黒ずみ

いちご鼻の厄介なところは、「毛穴が開いている」「角栓で毛穴が詰まっている」「毛穴が黒ずんでいる」の三大毛穴トラブルが一度に起こっている事です。

毛穴が開いているだけであれば、毛穴の引き締めケアで改善できますが角栓詰まりがあるということはその分だけ皮脂の分泌量が多いということで、引き締めケアを行っても角栓詰まりが解消されない限り毛穴は開きっぱなしということになるのです。

そして、皮脂の分泌量が多いということは酸化しやすいということで、毛穴が黒ずみやすくなってしまうということでもあります。

いちご鼻を解消するためには?

みっともないいちご鼻を解消するためには、毛穴トラブルの解消法を順序良くきちんと行うことが大事です。どのような解消法を実践するべきなのでしょうか?

角栓詰まりを取り除く

いちご鼻が目立つのは、開いた毛穴に角栓が詰まった状態になっている事が大きいといえます。角栓を取り除かないと毛穴は開きっぱなしになったままだし、分泌される皮脂は角栓を育てるだけです。

角栓は脂肪の塊なので、洗顔前に蒸しタオルやお湯で顔を温めることで溶解し除去しやすくなります。洗顔の際は、肌に負担を掛けないようにきめ細かく泡立てた石鹸で顔全体を撫でるようにして洗います。

また、泡がきめ細かくなった分だけ毛穴に石鹸が残りやすくなるのでしっかりとすすぎ洗いを繰り返し行うことも大事です。

皮脂の分泌量を抑えて毛穴の黒ずみ対策

毛穴の黒ずみは、毛穴から分泌された皮脂が酸化することが原因になって発生しています。
つまり、皮脂の分泌を抑えればその分だけ黒ずみにくくなるというわけです。
毛穴から分泌される皮脂は皮膚の潤いを保つための物なので、皮膚が乾燥していると皮脂の分泌量が増えてしまうのです。

皮膚の乾燥に繋がる原因には皮膚のターンオーバーを阻害する睡眠不足、紫外線の浴び過ぎ、洗顔のし過ぎなどがあります。
つまり、生活の中での節制を図り、皮膚を労わることが毛穴の黒ずみを予防する一番の対策となるのです。

開いた毛穴はしっかり引き締める

角栓を取り除き、皮脂の分泌量を抑えても毛穴が開いたままではいちご鼻を解消したとはいえません。しっかりと毛穴の引き締めケアを行って毛穴を目立たなくさせることが大事です。

洗顔の後は冷水ですすぎ洗いをする、引き締め効果のある化粧水でスキンケアをするといった対策をしっかり行うようにしましょう。

このコラムをシェアしよう!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このコラムは坂下モドさんが書きました!

都内在住のフリーライター。犬猫と仲良く暮らしてます。
坂下モドのアイコン
ペットを飼っている関係上、ペット関連の記事を多く執筆。現在ではジャンルを問わず、政治・経済なども
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
^
PAGETOP